Technology

ハイパースペクトルとは


○ハイパースペクトルとは


hyperspectrum

目に見えない光の波長を捉える技術

目に見えない光の波長を捉える技術ハイパースペクトルカメラという特殊なカメラを用い、色彩の変化を高精度に検知する技術が、ハイパースペクトル技術です。元々は人工衛星に搭載し、リモートセンシングを行うことを前提に開発された技術ですが、近年は工業や農業など様々な分野で用途が拡大しています。

hyperspctrum
hyperspectrum-detail

ハイパースペクトルカメラは、細胞画像の1点ごと(1ピクセル単位)の分光情報を捉えることができ、単純に考えると47倍の情報量を持っています。


○北海道衛星株式会社との共同開発


Hokkaido Sattelite Co.

ハイパースペクトルカメラの開発者と共同開発

ハイパースペクトルカメラの開発者であり、惑星探査機「はやぶさ」のイオンエンジン開発者でもある佐鳥新代表と共同開発しています。ハイパースペクトルカメラのハード面を北海道衛星株式会社、ソフト面をMilk.株式会社が担うことで、業界最高レベルの技術を実現しています。

北海道衛星株式会社公式HPはこちら

Hokkaido Sattelite Co.

電話でのお問い合わせ
ご相談はこちら

TEL.03-6803-8114

Webからのお問合せはこちら

お問い合わせ